製品案内 > その他, その他 > HSP-40

HSP-40

HSP-40

  • ワイヤドットヘッドの印字動作時のワイヤ挙動を光学的に検出
  • パソコンによりパラメーターの設定、ドライブ条件の設定、測定及びステージを制御
  • パソコン制御によりギャップ位置に自動で停止し、24ピンを自動制御して波形解析、データ収集や結果判定など検査を効率化
  • オシロスコープを接続することにより波形を直接観測可能
  • 本器に付属しているドライバー”"HDR-50″”は各ピンの駆動ディレイタイム及びパルス巾の任意設定が可能
  • HDR-50単体でも購入可能

*HSP-41シリーズは光学波形、衝撃力波形(自動ギャップ)の同時測定が可能

■ 仕様

センサーSPD受光素子
測定スリット0.05(W)×2.00(H)mm
応答速度200KHz
最大波形取り込み可能時間250ms
ルーペハンマーピンの目視確認
測定位置決め用ステージX,Zステージは自動制御(分解能:X=2μm,Z=1μm)
測定精度±2.5%
電源AC100V,50/60Hz
消費電力400VA
寸法[検出部]950mm(W)×349mm(H)×290mm(D)
[ドライバー]360mm(W)×300mm(H)×420mm(D)
[ドライブユニット]250mm(W)×120mm(H)×320mm(D)
重量62.0Kg